スクワランとスクワレンは何が違う?

スクワランとスクワレンは何が違う?

スクワレンは、サプリメントだったり化粧品に使われている成分となっているのですが、これ以外にもスクワランといわれる成分も存在しています。

 

スクワレンもスクワランも深海サメの肝油から抽出された成分となっていますし、名称も酷似しています。ですから、スクワレンの誤表記がスクワランだと思っている人もいるかもしれません。

 

ですが、スクワレンとスクワランというのは、色々と違っている点があります。

 

スクワレンというのは、不飽和炭化水素となっており、空気に触れたら、酸化をしてしまうという特徴があります。ですから、このまま使用してしまうと、すぐに酸化をしてしまい、摂取する意味が無くなってしまいます。ですから、カプセル状などにして、空気に触れないように工夫を凝らしてサプリメントとして販売されています。

 

次にスクワランというのは、スクワレンに水素を付け加えた成分となっています。水素を付け加えることによって、スクワレンが酸化しにくくなった成分なのです。

 

ですから、カプセルなどで空気に触れないようにすることが化粧品や外用薬にスクワランが使われているということが多いです。

 

スクワランとスクワレンというのは、酸化しやすいかどうかという違いがある程度で、効果に関しては違いは特にありません。

 

体内にはスクワレンを取り入れるようにして、肌にはスクワランを浸透させることによって、相乗効果を得ることも可能です。

 

ただし、スクワランが配合されている商品の中には質が悪いものもあります。不純物がたくさん含まれているスクワランだと酸化をしてしまいやすくなりますので、純度の高いスクワランが配合されている商品を選ぶようにしてください。