医療用かつらの使い方

医療用かつらの使い方

医療用かつらを使用する方の中には、自分の毛髪の処理をどうしたらよいかわからないという場合もあるでしょう。かつらをかぶる前にしておきたい準備について、お話します。

 

自髪をまとめる方法
自分の髪が多めにあるという場合、医療用かつらをかぶる前にまとめておく必要があります。そのまま医療用かつらをかぶったのでは、自髪がちょろりと顔を出して不自然になってしまうかもしれません。

 

しっかりまとめておけば、医療用かつらをかぶった姿がより魅力的に映えますよ。まず、前髪は後ろにおくってピンでとめましょう。後ろとサイドの髪が長ければ、結んでポッコリしないようにピンでとめます。

 

髪がかつらから飛び出てくるのを心配して整髪剤をつけようかと思うかもしれませんが、かぶれなどにつながる可能性があるのでつけないでおいたほうがよいでしょう。

 

全体をピンでとめたら、ヘアネットをかぶってしっかりピンでとめておきます。ネットは前髪から少し後ろにずらしておくと、自然に医療用かつらをかぶれます。

 

インナーキャップをかぶるとき
自髪が少ない方の場合、医療用かつらをかぶったときに頭皮が透けてしまったり、頭皮がダメージを受けてしまう可能性があります。これらを防ぐため、ヘアネットなどを使わずにインナーキャップをかぶる方法があります。

 

インナーキャップをかぶるときには、縫い目側が肌に当たらないようにして軽めに頭に乗せます。かつらの中でインナーキャップがずれないように注意し、かつらを乗せましょう。

 

ずれが心配な場合は、あらかじめインナーキャップを医療用かつらの裏に縫い付けてしまうという方法もあります。鏡の前で試してみて、ピッタリくる方法を探してみてくださいね。