BCAAの筋力アップ効果

BCAAの筋力アップ効果

アミノ酸の中でも、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つの種類には、たんぱく質を構成する要素が非常に高いといわれています。そのことから、BCAAを積極的に摂取すると、筋力がアップするといわれています。BCAAがアミノ酸の中でも注目されて健康食品に採用されるようになったのも、このことが背景となっています。

 

わざわざ筋力をアップする必要はないと思う人もいるかもしれませんが、筋力がないと思わぬところで損をしてしまうことがあります。

 

筋力がないと太りやすい
筋肉の働きが衰えていると、脂肪の燃焼が進みません。筋肉自体が維持されるためにエネルギーを必要とするため、筋肉の力が弱い体にはエネルギーが必要とされないためです。

 

自然と脂肪をためこみやすい体質になり、脂肪の蓄積が進んでセルライトなども出来てしまいかねません。エネルギーを使わないほうがいいと思うのは大間違いで、それによって太りやすい体になってしまうのです。

 

また、普段から筋肉を使っていないと、非常に疲れやすくなる傾向があります。少し行動しただけでも疲れてしまい、疲労物質が出てくるため、体に老廃物がたまりやすくなります。むくみとなって体に残ってしまうため、やはり肥満につながるわけなのです。

 

怪我をしにくくなる
筋力がついていない体は、パワーがありません。疲労しやすく、その疲れもとれにくくなります。また、筋肉が体を守ってくれないため、ちょっとぶつかったり転倒しただけで怪我をしてしまう可能性が出てきます。このように、筋力がついていないだけで、さまざまな健康被害が起こってくる恐れが出てきます。

 

BCAAには筋肉を効果的に使いながらも、疲労を回復してくれる力があります。BCAAを摂取して運動し、疲労を回復するという繰り返しを行うことで、どんどん健康な体になっていきますよ。